YSRS 横浜市学校レクセミナー 活動レポート

つながる 学び合いでどこまでも
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  79

ONE STEP YSRS 2008報告Ⅴ

これだけ長い間話合われて
ようやく目に見えるセミナーの話「年間プログラム」の話し合いにたどり着きました!


6、年間プログラム

やはり25期。 YSRS25周年として力を入れている
第23回全国学校レクリエーション研究大会
生かせるプログラム、リンクするプログラム ・・という考え方もありました。

また、やりたいことを挙げてから
現実的に入れられるセミナー数に合わせてプログラムを厳選しようという、堅実なご意見もあり。

そこから・・ 以下のように決定!!


○月 「セミナー名」
(セミナー解説)
 予定日時 <企画・運営担当>

5月 「オープン」
(これから始まる・新しい座ができる・座長会としてのスタート)
 5/16(金)19時~17(土)12時 <座長会・有志>

6月 「実践ライブ」
(実践の「実演」(模擬授業)を通してクラスで実際にやっている「遊び心」を伝えあう)
 6/20(金)19時~21(土)16時 <25期某座>

7月 「自分再発見」
(自分の最終目標や感覚型を知ることで、個々が違うことを理解したり自分を見つめたりすることがねらい)
 7/12(土) 時間未定 <有志>

8月  「第3回全国学校レクリエーション研究大会@横浜」
 8/10(日)12時~12(火)12時 <実行委員会>

10月 「オリジナル」
(新しいゲーム・歌(ソング)・ダンスやクラフトを創り出す)
 10/11(土)15時~12(日)15時 <25期某座>

11月 「銀バス」
(いつもの研修センターではないところへ行く、移動しながらのセミナー。YSRSの特徴のひとつ)
 11/1(土)~2(日) <有志>

12月 「学校GWT」 ※GWTとは「グループワークトレーニング」
(学校GWTを体験することで、協力って何?を感じる。子どもに教えるだけでなく、先生自身が気づく場にもなる)
 12/6(土)15時~7(日)12時 <25期某座>

1月 「実践・理論」
(学校での実践をシェアする、また今期のテーマで1年間研究しわかったことをまとめる)
 1/9(金)19時~11(日)12時 <25期某座>

2月 「羽立ち」
(25期にYSRSに入った新期生が企画・運営をし、絆を深める)
 2/7(土)15時~8(日)12時 <新期生・座長会・有志>

【ONE STEP YSRS 2009】
(「YSRS総会」のようなものです)
 2/21(土)15時~22(日)15時 <座長会>


7、項目別反省・他
今まで話し合ったこと以外にも、組織図や運営方法・セミナーの企画から反省までなどなど
YSRSのしおりの項目別に色々話されました。

25期、よりよい活動をして行くために
それぞれの思いを汲み取った素晴らしい活動をしていくために




YSRSメンバーのみなさん、
詳しい内容は 記録まり発行の「ONE STEP 2008 ~報告~」をご覧ください。

スポンサーサイト
別窓 | 24期の活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  78

ONE STEP YSRS 2008報告Ⅳ

ついに「報告Ⅳ」までになりました、ONE STEP YSRS 2008。


「4、年間テーマ  5、活動方針 ・・・」、 いきますっ!


4、年間テーマ

遊び心を教室へ
 ~授業が、クラスが、レクリエーション思考で変わる~


  (第23回全国学校レク研究大会テーマと一緒!) ・・に、決定!

全国大会と同じテーマをYSRSとして1年かけて考えていきたい、
レクリエーションという言葉も大切にしたい、
~授業が、・・が続くと何かを変えたいという思いが伝わりやすい、 などの意見から。

また、全国大会と同じテーマにしたのは
全国大会はYSの1年間の活動の通過点であり、
YSRSとしてこのテーマを1年間大切にし、1年かけて考えていきたいと考えたからです。

25期の初めからこのテーマを考えながら全国大会を迎え、
さらに全国大会後もこのテーマを追求していきたいと考えています。

1年経ったとき(25期の終わり)にもう一度全国にYSRSの「遊び心を教室へ」を発信する、ということも
できるかもしれないと思っています。



5、活動方針
・25期に大切にしたい柱(キーワード)で挙がったものを基に 大切にしたいことを挙げていき、
さらに話し合いをしながら 大切にしたいことを整理していきました。
そして、最終的に4つ(行動面3つ+根底となる心理面1つ)に整理されました。

話の推移として・・
①楽しくおもしろく
 ワクワク、ドキドキ  感動する
②無から有を創り出す
 思いつき・発想
③つながる・できる・大切にされている
 「自分が」つながる、「向こうから」大切にされている で輪ができている
④一人ひとりのもち味をさらに生かす 

ここからさらに整理していき・・
↓  ↓  ↓

YSRSの活動で 25期特に大切にしたいこと
 ★おどろき・感動・新発見
 ★無から有をつくりだす
 ★一人ひとりのもち味をさらに生かす
 ◎「つながっている・できる・大切にされている」と感じられるようにする


以上のようにまとまりました。


この次、「ONE STEP YSRS 2008報告Ⅴ」で 報告ラストとなります。

YSRS25期の年間プログラムはどうなるのでしょうか? お楽しみに☆


別窓 | 24期の活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  77

ONE STEP YSRS 2008報告Ⅲ

はい、熱いYSRSの 熱いONE STEP YSRS 2008。 まだまだ続きます。


3、来期(25期)大切にしたい柱(キーワード)を明らかにする

年間プログラムの充実
 全国大会もあるが、セミナー運営を着実に進めていく。セミナーは積み重ねていくことが大切。

「遊び心を教室へ」を25期テーマにする
 全国大会を自分たちの考えを発信する機会とする。全国大会前も後もそのテーマを大切にしよう。

新しいメンバーが入ること・定着すること・増やすこと
 ホスピタリティを大切に。個に応じた対応など
 メンバーのつながりを大切にしたい
 セミナーの案内をWeb上にあげるなど、環境的にも状況的にもセミナーに参加しやすくする

つながる、できる、大切にされている 
 今職場(学校)で語る場のない人もいるので、YSは語り合う場にしたい
 キャンプなど共通体験をすることで関係が深まるのではないか。(全国大会もそのひとつ)

創造性、遊び心
 新しいものを創る。今までやったからではなく、やりたいからやる

「楽しくおもしろく」「無から有を創り出す」「今の私が発信者」(今の自分を出す)

リアルタイムに伝えあうもの・蓄積もできるもの(Webページなど)の整備をする
 セミナーは約月1回でなかなか会えない。リアルタイムにでも伝えあいたい
 YSRSの外の人も利用できると自分たちの蓄積だけでなく、力も上がる、さらに広がる
 活動のつながりだけでなく、人と人のつながり、自分を出せる場、その人の魅力・もち味に迫る活動、場は大切。Web上で状況にあったツールを利用したい。

力をつける、とことん楽しむのどちらかに偏らずに年間通して両方あることが大切


まだまだ報告終わりません。
このあとは・・
4、年間テーマ  5、活動方針  6、年間プログラム ・・などと続きます。
こうして来期「25期」が作られていくのです。

お楽しみに!



別窓 | 24期の活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  76

ONE STEP YSRS 2008報告Ⅱ

報告(抜粋)のつづき。

2、25周年に向けて
実行委員会で現在進めていることの報告、
全国学校レク研究大会とYSRS本体(運営・セミナー)の位置づけについての再確認をしました。

★現在進めている書くプロジェクトについて
 ◆25周年プロジェクトとして、以下のプロジェクトが活動しています。

○全国大会
2008年8月10日(日)~12日(火)の、
第23回全国学校レクリエーション研究大会 横浜大会開催に向け、準備を進めています。
ワールドポーターズでのオープニング、
松永先生をお迎えしての基調講演、 MM21での街レク、
会場を横浜市野島青少年研修センターに移してのワークショップ、実践交流分科会、
キャンプファイヤー、全体会、さよならのつどい   ・・と盛りだくさんの3日間です。
現在、募集要綱の作成、講師・提案者の依頼等を行っています。
今後も各担当(募集中)を中心に準備を進めていきます。 ぜひ皆さん参加して下さい。

○出版プロジェクト(宿泊イベント集)
13期に作成した前作に、新たに14期~24期までの実践を加えて作成します。
5月上旬に完成させ、25期最初のセミナー、オープン(5月)でも販売する予定です。

○出版プロジェクト(25周年記念誌)
YSRSメンバー、トシさんの思いを形にするものです。
7月中に完成し、配布する予定です。

○CDプロジェクト
YSRSのオリジナルソングをCDにするプロジェクト。
ノミネート曲に関する意見をまとめ、曲を決定。
4月に録音・5月中にCD作成、8月の全国大会で販売する予定です。
ポケット歌集はCDに入れるもので ソング集を縮小して作成したいと考えています。
録音に参加してくれる人を大募集します。

○合宿プロジェクト
ゲーム合宿を3月29・30日に上大岡にて行います。
YSRSの新たなるゲームを創り出す合宿です。
費用については19人まではプロジェクトから資金を出せますので かなりお得です★

○Web発信プロジェクト
全国大会のWebページ作り等を進めていきます。

○25周年記念パーティー
YSRSメンバーや今までYSRSに関わった人で、50~60人くらいの規模で行う予定でいます。
YSRSのゲーム・ダンス・ソングなどを楽しんでもらいたいと思っています。
時期は6月に予定しています。


★25周年(全国大会他)とYS本体とのかかわり、位置づけ
関係者は「ONE STEP YSRS 2008 ~報告~」をご覧ください。



抜粋してるんですけど、まだまだ報告続きます。 ・・YSRSは熱いです★☆★


別窓 | 24期の活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  75

ONE STEP YSRS 2008報告Ⅰ

★ワンステップ報告★(抜粋)

今期の成果と課題を明らかにしました。
(全体・各セミナー)

全体より
・以前YSRSにいたメンバーもセミナー等に参加してくれた。
・YSRSのなかでも新しいメンバー(20期以降)の人が力を発揮していた。  他

各セミナーより
○オープン(今期、始まりのセミナー)<5月>
・新期生にとっても楽しかった
(新期生に、メンバーの新期生だった時の話を聞かせるとYSRSに親しみをもってもらえるかも?)

○オリジナル(新しいゲームや歌などのオリジナルレク財を作るセミナー)<6月>
・(セミナーで創った)ゲームが面白かった

○キャンプ<8月>
・人間関係作りのキーポイントだった、これがあったから「羽立ち(2月)」ができた

○第22回全国学校レク研究大会<10月>
・25期を前にイメージができた
・YSRSの外で活動している人たちを知ることができた
・YSRSを客観的に見ることもできた。

○銀バス(研修センター外で行う、移動セミナー)<11月>
・すばらしかった、(移動セミナーが始まって)3年目になったが、毎年良いセミナーができている
・毎年違う趣向でできる、非常にリクリエーション的(創造的)な活動
・YSRSの特色になっている

○実践(教育現場等で行っている実践内容をシェアするセミナー)<12月>
・日程は(都合上)短くなったが たくさん話せた
・参加者に対して実践数が多かった
・もっと色々な人と話したかった
・「お悩み相談」ができた 経験の浅い人の悩みだったがみんなで考えられてよかった
・オプションの昼食会が良かった
 →プログラム以外の飲食しながらの会話を大切にした(飲食しながらは人間関係がとりやすくなる)

○理論(学校レクの理論構築をしていくセミナー)<1月>
・自分たちだけで理論構築できた、自分たちでセミナーを作っていくことを実感
・話しの中に入ったほうが楽しい、外から見ているの(進行)は所属感がない。
 でも、それをみんなが順番に経験するのも良い
・2日目の語る会(自分の大切にしていることを一人ずつ語る、それに対する質問)がよかった
 分科会にしないで全員でできたからよかった(人数多いと難しいかも)
・2日間の流れで、新しい理論のパターンで新しいやり方を確立できた
 理論セミナーの構成を考えた、このやり方を残していきたい

○羽立ち(今期の入った新期生が企画・運営するセミナー)<2月>
・メンバー確定まで時間がかかったこともあり、事前準備の時間が少なかった
・新期生が活躍して良かった


この後もまだまだ報告続きます。お楽しみに★


別窓 | 24期の活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| YSRS 横浜市学校レクセミナー 活動レポート | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。