YSRS 横浜市学校レクセミナー 活動レポート

つながる 学び合いでどこまでも
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  75

ONE STEP YSRS 2008報告Ⅰ

★ワンステップ報告★(抜粋)

今期の成果と課題を明らかにしました。
(全体・各セミナー)

全体より
・以前YSRSにいたメンバーもセミナー等に参加してくれた。
・YSRSのなかでも新しいメンバー(20期以降)の人が力を発揮していた。  他

各セミナーより
○オープン(今期、始まりのセミナー)<5月>
・新期生にとっても楽しかった
(新期生に、メンバーの新期生だった時の話を聞かせるとYSRSに親しみをもってもらえるかも?)

○オリジナル(新しいゲームや歌などのオリジナルレク財を作るセミナー)<6月>
・(セミナーで創った)ゲームが面白かった

○キャンプ<8月>
・人間関係作りのキーポイントだった、これがあったから「羽立ち(2月)」ができた

○第22回全国学校レク研究大会<10月>
・25期を前にイメージができた
・YSRSの外で活動している人たちを知ることができた
・YSRSを客観的に見ることもできた。

○銀バス(研修センター外で行う、移動セミナー)<11月>
・すばらしかった、(移動セミナーが始まって)3年目になったが、毎年良いセミナーができている
・毎年違う趣向でできる、非常にリクリエーション的(創造的)な活動
・YSRSの特色になっている

○実践(教育現場等で行っている実践内容をシェアするセミナー)<12月>
・日程は(都合上)短くなったが たくさん話せた
・参加者に対して実践数が多かった
・もっと色々な人と話したかった
・「お悩み相談」ができた 経験の浅い人の悩みだったがみんなで考えられてよかった
・オプションの昼食会が良かった
 →プログラム以外の飲食しながらの会話を大切にした(飲食しながらは人間関係がとりやすくなる)

○理論(学校レクの理論構築をしていくセミナー)<1月>
・自分たちだけで理論構築できた、自分たちでセミナーを作っていくことを実感
・話しの中に入ったほうが楽しい、外から見ているの(進行)は所属感がない。
 でも、それをみんなが順番に経験するのも良い
・2日目の語る会(自分の大切にしていることを一人ずつ語る、それに対する質問)がよかった
 分科会にしないで全員でできたからよかった(人数多いと難しいかも)
・2日間の流れで、新しい理論のパターンで新しいやり方を確立できた
 理論セミナーの構成を考えた、このやり方を残していきたい

○羽立ち(今期の入った新期生が企画・運営するセミナー)<2月>
・メンバー確定まで時間がかかったこともあり、事前準備の時間が少なかった
・新期生が活躍して良かった


この後もまだまだ報告続きます。お楽しみに★

スポンサーサイト

別窓 | 24期の活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ONE STEP YSRS 2008報告Ⅱ | YSRS 横浜市学校レクセミナー 活動レポート | ONE STEP YSRS 2008>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| YSRS 横浜市学校レクセミナー 活動レポート |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。